西宮・尼崎の慰謝料請求に強い弁護士

フェリーチェ法律事務所
コラム画像

コラム

旦那のゲーム依存も離婚原因となるか

1 旦那がゲームばかりする

旦那がゲームにばかりに熱中して、育児や家事に協力してくれないということは時折耳にする話です。妻にとってはこのような旦那の態度はゆゆしき問題であり、場合によっては離婚を決意せざるを得ない場合があります。

では、妻が旦那のゲーム依存を理由に離婚をすることはできるのでしょうか。

 

2 離婚原因とは

民法は第770条1項1号ないし5号に離婚原因を定めています。条文は下記のとおりです。 離婚訴訟においては、離婚原因がない限り離婚請求は認容されません。

 

(裁判上の離婚)

第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

 

3 ゲーム依存は離婚原因となるか

ゲーム依存が民法第770条1項に該当するとすれば5号の可能性がありますが、「婚姻を継続し難い重大な事由」とは何でしょうか。

「婚姻を継続し難い重大な事由」とは、いわゆる婚姻共同生活が破綻し、その修復が著しく困難な事由をいいます。

これは、主観的には、夫婦双方が婚姻を継続する意思がないことと、客観的には、婚姻共同生活の修復が著しく困難であることを意味しますが、そのいずれかが認められる場合には、婚姻が破綻したものとして、離婚請求は認容されます。

では、ゲーム依存は、「婚姻を継続し難い重大な事由」にあたるのでしょうか。

ゲーム依存にも程度があるので、その程度によって、該当するか否かが変わってきます。

たとえば、旦那がスマホゲームに熱中し、多額の課金をするうえ、共働きであるにもかかわらず育児も家事も一切せずにゲームばかりをしているという状態が数年間続き、妻が愛想を尽かしてしまったという場合を考えてみましょう。このような場合、今後、その数年間、妻は夫の協力を得られず苦労を余儀なくされており、客観的に、婚姻共同生活の修復が著しく困難とみられるため、「婚姻を継続し難い重大な事由」と判断される可能性があります。

では、たとえば旦那がゲーム好きで、妻をあまりかまってあげないが、仕事や育児、家事はある程度するという場合はどうでしょう。このような場合、旦那のゲーム好きは、趣味の範囲にとどまっており、夫婦関係に大きな悪影響を与えているとまではいえず、客観的に、婚姻共同生活の修復が著しく困難であるとまではいえません。

もっとも、「婚姻を継続し難い重大な事由」があるかどうかは、婚姻共同生活におけるあらゆるエピソードが問題となりますので、ゲーム依存以外に、たとえば暴言や暴力、多額の借財があれば、ゲーム依存と合わせて主張することで、「婚姻を継続し難い重大な事由」が認められる可能性が高まります。

 

4 離婚原因にあてはまるか迷ったら

離婚訴訟にあたって離婚原因の有無が争点となった場合には、それを基礎づけるためにどのような主張をし、そのような証拠を提出すればよいかは、弁護士がよく知っていますので、困ったらまずは相談に行ってみましょう。

その他のコラム

離婚後に慰謝料請求を行うリスク

1 慰謝料請求のタイミング 離婚問題には、慰謝料をめぐる紛争が起こることがよくあります。たとえば配偶者の不貞を理由に離婚をすることになった場合、不貞をされた配偶者は不貞をした配偶者や不貞相手に対して、慰謝料請求をすることができます。ま...

【続きを見る】

慰謝料請求における精神的損害

1 はじめに 不貞行為をしてしまった場合には、不貞された配偶者に対して、慰謝料を支払わなければならないことは、周知の事実です。 しかし、不貞行為をしたからといって、常に慰謝料が発生するのかといえば、そうではありません。不貞行為に...

【続きを見る】

風俗通いを理由に夫に慰謝料請求できますか?

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。   夫が風俗通いを続けています。 夫の風俗通いが初めてわかったのは、私が妊娠していたときでした。「もう行かないでほしいと言うと「わかったよ」と言うの...

【続きを見る】

時効を中断させるための方法

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。   私は32歳の既婚女性です。夫とは夫婦円満ですが、過去に浮気の前科があります。浮気の事実を知った時はショックで私は仕事をやめ、心療内科に通ったほどでした。今では体調...

【続きを見る】

浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料

浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料

メールでのご相談は24時間受付中