西宮・尼崎の慰謝料請求に強い弁護士

フェリーチェ法律事務所
突然慰謝料請求された
弁護士 後藤 千絵 兵庫県弁護士会所属
弁護士 後藤 千絵 兵庫県弁護士会所属
神戸・西宮エリアを中心に兵庫全域で対応

フェリーチェ法律事務所では、年間500件以上の男女トラブル・離婚・慰謝料請求に関する相談・解決実績を持つ、後藤千絵が全力であなたに代わって慰謝料の減額交渉に当たります。

弁護士 後藤 千絵 兵庫県弁護士会所属

実際の解決事例

慰謝料請求された

30代男性の場合

子供の有無及び結婚歴:子供あり・なし

  • 減額できた慰謝料
  • 760万円

取引先の男性と交際をしていた依頼者が、妻から880万円もの慰謝料請求訴訟を起こされたケース。妻の怒りは大きく、880万円もの請求額が記載された訴状が裁判所から届き、依頼者(女性)はびっくりして相談に来られた。裁判所に対しては、交際の主導が夫側にあったこと、交際期間が比較的短いこと、現段階では離婚に至っていないこと等を主張して、120万円での和解解決となった。

弁護士に依頼するメリットとは

GOOD

適正な慰謝料請求

弁護士を通さない慰謝料請求は、一般的に高額になりがちです。理由として、①適切な額が不明であること②不貞行為について後ろめたいことから早急の解決を希望すること等が考えられます。この段階で合意してしまった場合には、後々、金額を減額することが難しくなります。フェリーチェ法律事務所では、数多くの慰謝料請求案件を解決した実績から、「この案件ならこの程度の額が適切だ」という判断が可能です。法的な視点で適正とはいえない相手からの慰謝料請求にいいなりになって支払う必要はまったくありません。

GOOD

相手と交渉を行う必要まったくなし!

「謝罪をしたいければ相手が聞く耳を持ってくれない」そのようなお悩みはよく耳にします。フェリーチェ法律事務所では、あなたの「代理人」として、すべての交渉を行わせていただきます。例え相手が、あなたとの直接の交渉を望んだ場合でも、理由がなければ合意しません。弁護士が、依頼者に変わって問題解決に邁進します。

GOOD

依頼者の希望に添った事件処理

慰謝料の額を減額したいという要求だけでなく、支払い開始時期や、分割でのご提案など、依頼者の希望に添った事件処理を行います。すべてがすべて、相手の要求通りにする必要は一切ありません。フェリーチェ法律事務所では、皆様の希望に添った事件処理を常に意識しています。

GOOD

事件解決後のお手伝い

慰謝料請求案件においては、単に金銭的負担だけではなく、精神的にダメージを受けてしまわれる方が多くおられます。フェリーチェ法律事務所では、合意や判決が出た後、スムーズに未来に向かっていただけるよう、事件解決後を意識した事件処理を心がけています。事件解決後の生活態様や、注意点など、具体的なアドバイスをさせていただき、同じ轍を踏まぬよう、バックアップさせていただきます。

フェリーチェ法律事務所では、減額交渉に絶対の自信があるので、依頼者にご満足いただける明朗会計を実践しております。

一般的に高額と理解されている「弁護士費用」ですが、そのような皆様からの声に応えるため、フェリーチェ法律事務所では明朗会計の実践を行います!!
みなさまにとりまして、「わかりやすい」料金体系をご提示させていただきます。(訴訟等に移行しない限り、不要な追加金は一切発生しません!)

費用について

フェリーチェ法律事務所が選ばれる理由

年間500件以上の男女トラブル・離婚・慰謝料請求に関する相談・解決実績を持つ女性弁護士が対応

フェリーチェ法律事務所には、他の法律事務所では絶対にマネのできない圧倒的な事件処理数があります。離婚案件、慰謝料案件など、男女トラブル案件には絶対の自信を持っています。

依頼者にご満足いただける費用体系

フェリーチェ法律事務所では、慰謝料請求事案におきまして、「明朗会計」を徹底して実践しております。
なにに対してどれだけの費用が発生しているかわからない・・・そのようなことのなきよう、マメなホウレンソウは当然のこと、不明瞭な「追加着手金」などは一切発生しません!(訴訟・調停に移行する際のみ追加費用が発生する場合がございます。)

西宮・神戸エリアを中心に兵庫全域で対応

西宮に根付いた事件処理はもちろんのこと、神戸、三ノ宮など、兵庫全域での事件応対が可能です。相手方との交渉に場所は選びません。なによりも大切なのは、依頼者の希望です。これを実現するためには、兵庫県を飛び回る覚悟で事件処理を行います。

依頼者の傷ついた心に寄り添う温かい対応

女性弁護士として、依頼者の心に寄り添う事件処理を行うことを意識しております。慰謝料を請求されたことにより傷ついた心を癒やすのは、単に、慰謝料の減額だけではなく、依頼者の気持ちに共感し、寄り添ってあげることが何より大切だと、私は考えております。

ご相談の流れ

「弁護士に相談するほどなのかな・・・」「どうせ気持ちを理解してはくれないだろう」

法律事務所に電話することは勇気がいりますよね。

でも大丈夫です!どんな案件でも私が真摯に対応し、きちんと耳を傾け、ご相談に乗らせていただきます。

まずはお気軽にご相談してみてください。